プログラマーに求められるスキルとは?効率よく学ぶ方法も紹介

将来IT業界の人員が不足するといわれていることもあり、IT人材の仲間入りをしようと未経験からプログラマーを目指そうと考えている方もいるでしょう。その中にはプログラマーになるためにどのようなスキルが必要か分からず、悩んでいる方もいるはずです。

本記事ではプログラマーに求められるスキルを5つ紹介します。特にプログラミングスキルに関しては、開発するシステムの種類によって使用するプログラミング言語が異なるため、開発したいシステムや就職したい会社に合わせてスキルを習得しなければなりません。

プログラマーの種類に合わせて習得すべき言語の種類も解説しているので、プログラマーを目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

プログラマーの仕事とは

プログラマーの仕事とは

プログラマーの業務内容は、プログラミングによりコンピューターを動かすシステムやソフトウェアを開発することです。
今では身の回りのさまざまなものに、プログラマーが作成したシステムやソフトウェアが使われています。

プログラマーは、開発するシステムの種類によって呼び方が変わります。


  • Webプログラマー
  • アプリケーションプログラマー
  • ゲームプログラマー
  • 組み込み系プログラマー
  • 通信系プログラマー
  • セキュリティ系プログラマー

組み込み系プログラマーとは、電化製品やカーナビに組み込むシステムを開発するプログラマーを指します。他にも、プログラマーが関わっている業界は広く、あらゆる分野で技術の進歩に貢献しています。

プログラマーに求められる5つのスキル

プログラマーに求められる5つのスキル

プログラマーは、プログラミング言語を使ってシステム開発することだけが仕事ではありません。顧客を満足させるためには、プログラミングの知識以外にも多様なスキルが必要です。

次の章ではプログラマーを目指すうえで、欠かせない5つのスキルを具体的に解説します。

スキル1:プログラミングのスキル


プログラミングスキルは、システムやソフトウェアを開発するために必須のスキルです。

Web系システム開発ではPythonやJava、JavaScript、PHP、ゲーム系システム開発ではC++やC#といったように、開発するシステムにより扱うプログラミング言語が異なります。

自分が目指す業界が決まっているなら、その業界が求めているプログラミング言語に絞って、スキルを高めるのが効率的です。

スキル2:英語スキル


プログラマーには英語のスキルも必要です。プログラミングコードの多くは英語を使用しているため、英語がわからないとプログラミングの習得や、システム開発のスピードに影響します。

また、プログラミングに関する最新情報は、英語で発表されることがほとんどです。日本語訳を待っていては、最新情報を得るまでに時間がかかってしまいます。

スキル3:コミュニケーション能力


プログラマーの仕事は、パソコンに向かって黙々とコード入力をする印象があるかもしれませんが、それは仕事の一部に過ぎません。

円滑に業務を進めるためには、システムエンジニアやWebデザイナー、他のプログラマーとの連携が必須です。

また、顧客や取引先相手の要望に沿ったシステムを開発するために、事前のヒアリングなどで密にコミュニケーションを取る必要があります。

意外かもしれませんが、こういった業務もよく発生するため、プログラマーはコミュニケーション能力が欠かせない職種です。

スキル4:数字に関する知識


プログラミングは、数学の知識があるとスムーズに進められます。コンピューターに指令を出すプログラミングは、数式でできているからです。

例えば、ロボットアームの軌道を計算するときは円の方程式を使い、ゲームでキャラクターを動かす際には、座標を使います。

最低限の目安としては、以下のレベルの数学的知識が必要です。


  • 関数
  • 変数
  • 三角関数

上記3つは中学生で学ぶ知識のため、数学が苦手な方であっても、比較的簡単に学習できるでしょう。しかし、より高度な仕事を獲得したいのであれば、高校生以上のレベルの知識が必要になります。例えば、以下の内容が該当します。

  • 虚数
  • 行列
  • 線形代数
  • 微分積分
  • 確率・統計

より高度なシステムを実現するためには、こうした数学の知識は欠かせません。

スキル5:論理的思考力


顧客の要望を叶える最適なシステム化案を見出すためには、物事を順序立てて考え、構築する「論理的思考力」が不可欠です。

難しく思えるものを紐解き、シンプルにまとめて誰でもわかるようにできれば、作業効率が上がります。また、そうした仕事は周囲から支持されるはずです。

目指すプログラマーの種類を決めて効率よく勉強する

目指すプログラマーの種類を決めて効率よく勉強する

効率よく勉強を進めるためには、まずは目指すプログラマーの種類を決めるとよいでしょう。
前述したとおり、開発するシステムによって必要なプログラミング言語や難易度が異なります。

以下に開発するシステムの種類とプログラミング言語、難易度をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

       
種類 仕事内容 主に使うプログラム言語難易度
Webプログラマー Webのシステム開発 Java、PHP、Ruby、Python、JavaScript、HTML/CSS、SQLなど
アプリケーションプログラマー モバイル端末向けのアプリを開発 Swift、Kotlin、Java、C# など
ゲームプログラマー ゲームを作る C#、C++、JavaScript、Swiftなど
組み込み系プログラマー 家電製品などを制御するプログラムの開発 Java、C言語、C#、C++ など
通信系プログラマー 通信に関連した製品を開発 Java、C言語、C++ など
セキュリティ系プログラマー システムを外部から守る PHP、C言語、C++、JavaScriptなど
汎用系プログラマー 汎用機で動くプログラムを開発 Java、C言語、COBOL、PL/SQL など
オープン系プログラマー 複数のコンピュータで構築するシステムの開発 PHP、JavaScript、Ruby、Java、C++、C#、Python など

プログラミングスキルを磨くための勉強方法

プログラミングスキルを磨くための勉強方法

プログラミングで重要なのは、効率よく作業を進めて生産性を高めることです。そのためには、プログラミングスキルを磨く必要があります。
とは言え、実際にはどの様に勉強を進めたらよいか悩む方は多いでしょう。

そこで、ここからはプログラミングのスキルアップに向けた具体的な勉強方法を紹介します。自分に合っている勉強法を見つけて、スキルアップを叶えてください。

方法1:コードをたくさん書く


あなたはコードをいくつ書けますか?コードを知っているだけで実際に書くことができなければ、プログラミングスキルの向上は望めません。

実際にコードを書き、動かしてみると、予想しなかった動きになる場合もあります。間違いと修正を繰り返すことで対応力が身に付き、間違えやすいポイントの把握にもつながります。

すでに知っているコードを書くのは、面倒だと思う方もいるかもしれませんが、地道に書き続ければ間違いなくスキルは向上します。少しでもスキルを高めたい方は、ぜひ挑戦してみてください。

方法2:参考書を使う


参考書で勉強するメリットは、効率よく知識を身につけられることです。参考書ではコードの仕組みや理屈が詳しく記載されており、感覚的な理解ではなく、理屈でコードの仕組みを理解できます。そのため、自分が気づいていなかった知識の穴を埋められるはずです。

また、参考書は持ち運びが簡単なので、隙間時間で学習がしたい方などにも向いています。

方法3:勉強会・セミナーに参加する


3つ目は、プログラミングに関する勉強会やセミナーに参加する方法です。

勉強会に参加することで、他のエンジニアと交流できます。独学で進めていると、行き詰まることもあります。そういった時、相談できる仲間がいると助けになってくれるでしょう。

勉強会やセミナーでは、講演者が培ってきたノウハウを体系的に教えてくれるため、効率的に学べるメリットもあります。特にワークショップ形式の勉強会では実際にコードを書く体験ができるため、より実践的に学びたい方におすすめです。

方法4:通学タイプのプログラミングスクールに通う


プログラマーとしての能力やスキルを身につけるなら、プログラミングスクールに通う方法が有効です。

プログラミングスクールであれば、専門的なカリキュラムに沿って、プロ講師から学ぶことができ、効率的にプログラミングを習得できます。

独学だと行き詰まるようなことも、プロ講師のサポートを受け、その場で解決できるのもメリットです。

効率よく学べるため、即戦力の人材へと成長できる最短ルートと言えそうです。

方法5:オンラインのプログラミングスクールを受講する


時間を捻出できず、働きながらプログラミングの勉強を続けるのが、難しいケースもあるでしょう。そうした方には、オンラインスクールで学ぶのがおすすめです。

オンラインスクールで学ぶ一番のメリットは、場所と時間を選ばない点です。

また、オンラインスクールでは自分のレベルに合わせて進められるため、自分が理解できていないのに講義が進んでしまう心配はありません。

ただし、時間や場所を選ばない分、モチベーション維持が難しく、挫折してしまう方も多いようです。オンラインスクールを利用する際は、事前に目標を決めて、モチベーションを維持することが大切です。

まとめ:プログラマーのスキルを高め評価をあげよう

プログラマーに必要なスキルは、以下の5つです。
 
  • プログラミングスキル
  • 英語スキル
  • コミュニケーション能力
  • 数字に関する知識
  • 論理的思考力

これらのスキルを磨けば、就職や転職を有利に進められます。

プログラマーに必須のプログラミングスキルを身につけるためには、独学なら地道にコードを書き、参考書を使いながら体系的に学びましょう。

独学が難しい場合は、スクールに通うのがおすすめです。プロの講師がいるため、わからない点をすぐに解決でき、スムーズにスキルを磨けるでしょう。

企業が求めるスキルを身につけて、プログラマーとしての評価が上がれば将来的に高収入も期待できます。高いスキルを持つプログラマーを目指し、スキルアップしていきましょう。



プログラミング言語を学べるITスクールはこちら

関連キーワード

関連する記事

都道府県から探す

pagetop