【Webマーケターのためのスキルガイド】仕事内容と習得方法を徹底解説

Webマーケティングの世界は、情報が日々更新され、競争が激化するダイナミックなフィールドです。成功を収めるためには、多彩なスキルが必要であり、どのスキルから始めるべきか、どの方向に進むべきか、迷ってしまうことはよくあります。

当記事では、Webマーケターの概要と主な仕事内容、必要とされる8つのスキル、知識を身につけるための4つの方法を紹介します。スキルアップを目指す方は、自分に最適な学習計画を立てるための参考にしてください。

そもそも「Webマーケター」とは?

そもそも「Webマーケター」とは?

Webマーケターとは、Webマーケティングに携わる専門家のことです。
Webマーケティングとは、インターネットを活用したマーケティング活動全般を指します。企業の商品やサービスの販売促進、ブランドイメージの向上、顧客満足度の向上など、目的は多岐にわたります。

Webマーケターは、Webサイトの運用・SEO対策・SNSの活用・データ分析など、多様な手法を用いてマーケティング戦略を立案・実行していきます。また、デジタル領域での消費者行動や市場状況の変化を常に把握し、データを元にした最適な戦略の策定が不可欠です。

Webマーケターは、担当業務を通じて企業のビジネス成果を最大化する役割を担っているのです。


Webマーケターの平均年収は?未経験から1000万円稼ぐ方法も解説


Webマーケターの主な仕事内容


Webマーケターの役割は非常に広範で、ビジネスの成果を上げるためにさまざまなスキルと知識が求められます。Webマーケターの主な仕事内容は以下です。

●Webコンテンツの企画立案・運用

Webサイトやブログ、SNSなどのコンテンツの企画立案と運用を担当します。企業のブランドイメージやターゲットとなるユーザーのニーズに合わせて、商品・サービスの魅力を伝えるためのコンテンツを企画・立案します。また、ユーザーが求める情報を瞬時に提供できるよう、適切なコンテンツの更新・管理も重要です。

●Web広告の運用・管理

リスティング広告やアフィリエイト広告をはじめとした、Web広告の運用と管理を担当します。広告の設定・適切なターゲティング・広告予算の管理・効果測定など、広告のパフォーマンスを最大限に引き上げるための施策を実施しなければなりません。

●SEO対策の施策立案・実施

Webマーケターは、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)対策の施策立案と実施します。Webサイトが検索エンジンで上位に表示されるように、キーワード選定・メタタグの設定・内部リンクの最適化・コンテンツの質向上など、実施する手法はさまざまです。

●アクセスデータの分析・改善

Google AnalyticsやSearch Consoleなどのツールを使用してWebサイトにアクセスしたユーザーの行動や属性を把握し、Webサイトの改善点を見つけ出します。また、そのデータを基にした施策を立案・実施し、コンバージョン率の向上を目指すのも、Webマーケターの重要な仕事です。

●リピーター獲得に向けた施策の立案

メールマーケティング・リターゲティング広告・カスタマーサポートの強化など、顧客の満足度を高めるアクションを計画し、実行します。こうした施策により、一度訪れたユーザーが再度サイトを訪れ、積極的にサービスを利用するようになることを目指すのも、Webマーケターの仕事のひとつです。

【基本~応用】Webマーケターに求められるスキル8選

【基本~応用】Webマーケターに求められるスキル8選

Webマーケターとして活躍するには、さまざまなスキルの習得が必要です。基本的なスキルに加えて、応用スキルを身につけることで、Webマーケターとしてさらなるキャリアアップ・年収アップが見込めるでしょう。

ここでは、Webマーケターに必要なスキルを基本レベルから応用レベルまで8つ紹介します。

マーケティングスキル


Webマーケターには、マーケティングに関する基本的な知識とスキルが求められます。

【マーケティングスキルの例】
スキル詳細
市場調査・分析業界や競合の情報を収集し、市場のニーズや動向を把握する能力
ターゲティング顧客の属性やニーズに基づいて、適切なターゲット層を特定する技術
戦略立案・実行市場調査やターゲティングの結果をもとに、効果的なマーケティング戦略を立案し、実行する力
プロモーション商品やサービスを魅力的に伝えるための広告やキャンペーンの企画・運用する能力
効果測定・改善マーケティング活動の成果を定量的に評価し、改善策を実施するスキル

上記のスキルは他の分野にも応用可能であり、デジタルマーケティングの専門家としての地位を確立するために重要な要素となります。

PCスキル


Webマーケターの業務は大半がデジタル環境で行われるため、PCスキルは必要不可欠です。

【PCスキルの例】
スキル詳細
基本的なパソコン操作ファイルの管理・インターネットの検索・メールの送受信など、パソコンをスムーズに操作する技術
文書作成ソフトWordやGoogleドキュメントなどの文書作成ソフトを用いて、報告書や企画書を作成する能力
表計算ソフトExcelやGoogleスプレッドシートなどの表計算ソフトを使いこなし、データ分析や予算を計算するスキル
プレゼンテーションソフトPowerPointやGoogle Slidesを使用して、ビジュアルに訴えるプレゼンテーション資料を作成できるスキル


以上のスキルを身につけることで、効率的に仕事を進め、情報を正確に伝えることが可能になります。社会人として基本的なスキルであるため、まずはしっかりとマスターしましょう。


コミュニケーションスキル


Webマーケターの仕事は、多くの部署や外部パートナーと連携することがよくあります。プロジェクトを円滑に進行させ、目標を達成するために、優れたコミュニケーションスキルが欠かせません。

【コミュニケーションスキルの例】
スキル詳細
明確な表現力自分の意見やアイデアを、明確かつ効果的に伝える能力
リスニング能力他者の意見や意図、要望を正確に理解し、適切に反応する能力
調整能力プロジェクトの進行にあたって、関係者間の意見や要望を調整するスキル

コミュニケーションスキルを磨くことで、Webマーケターはより効率的に業務遂行できるようになり、成果の最大化を期待できるようになります。


ロジカルシンキング


Webマーケターが業務で求められる重要なスキルのひとつに、ロジカルシンキングがあります。

【ロジカルシンキングの例】
スキル詳細
問題定義問題や課題を明確に定義し、本質を理解する力
情報整理大量の情報を整理し、関連性や優先度を理解する力
仮説設定課題解決のための仮説を立て、検証する力
結論導出データや情報から論理的に結論を導き出す力

論理的な思考を持つことで、Webマーケターは市場環境や顧客のニーズ、競合状況などを踏まえた効果的な戦略を策定し、施策実行と評価を適切に実施できます。


情報収集・分析能力




トレンドや常識が目まぐるしく変化するWeb業界において、情報収集と分析能力も、Webマーケターに求められる重要なスキルのひとつです。

【情報収集・分析能力の例】
スキル詳細
情報収集市場・競合の動向、顧客のニーズなど、必要な情報を迅速かつ正確に収集する技術
データ分析Webサイトのアクセスデータや広告のパフォーマンス、SNSの反応等を分析し、有意義な洞察を引き出す能力
行動予測収集・分析した情報を基に、顧客の行動や市場の動向を予測するスキル

上記のスキルを持つことで、Webマーケターは戦略策定や施策の改善に必要な情報を得て、適切な判断を下せるようになります。


Webサイト構築・デザインスキル


Webマーケターとして活躍するためには、Webサイトの構築やデザインに関する知識も必要です。

【Webサイト構築・デザインスキルの例】
スキル詳細
ユーザビリティの理解ユーザーがWebサイトを使いやすく感じるデザインや構造を理解し、実現するスキル
基本的なHTML/CSSスキルテンプレートを使ったサイト制作だけでなく、基本的なカスタマイズやコーディングに必要な知識
レスポンシブデザインの理解スマートフォンやタブレットなど、デバイスを問わず適切に表示されるデザインの理解


上記のスキルを身につけることで、Webマーケターはユーザーの体験を向上させ、訪問者をリピーターに変えられる効果的なWebサイトを構築できるようになります。


ライティングスキル


Webマーケターにとって、効果的なメッセージを伝えるためのライティングスキルは必須です。

【ライティングスキルの例】
スキル詳細
SEO対策を意識したライティング検索エンジンのアルゴリズムに対応したキーワードの使用や、適切な長さ・構成の文章を作成するスキル
ユーザーを惹きつけるコンテンツ作成ユーザーが求めている情報を分かりやすく的確に伝え、興味を引き続ける文章を作成する技術
コンバージョンを促すライティング心理的な説得技術やアクションへの誘導を効果的に使用し、ユーザーの行動意欲を高める文章を書く能力


上記のスキルを磨くことで、Webマーケターはユーザーの行動を誘導し、成果につなげられる可能性が高くなります。


プログラミングスキル


Webマーケターにとってプログラミングスキルは必須ではないものの、持っていると大きなアドバンテージになるでしょう。

【プログラミングスキルの例】
スキル詳細
JavaScriptウェブサイトの動的な要素を制御し、ユーザーエクスペリエンスの向上を可能とするプログラム
SQLマーケティング戦略の策定や効果測定には欠かせないツールであり、データベースの情報を抽出・操作し、分析できるプログラム
Python大量のデータを効率的に分析したり自動化したりできるプログラム


上記のスキルを身につけることで、他のWebマーケターと一線を画し、より深いレベルでWebマーケティングに取り組むことができます。

Webマーケターがスキルを習得するためには?

Webマーケターがスキルを習得するためには?

Webマーケターとしてのスキルを身につけるための方法はさまざまです。ここでは、主に以下4つの方法を紹介します。

●書籍

専門書や関連資料を読むことで、基本的な理論から最新のトレンドまで、自分のペースで学習を進めることが可能です。マーケティング関連の書籍は数多く出版されており、自身の興味や必要なスキルに合わせて選ぶことができます。ただし、出版日が古い書籍の手法は現在のトレンドとそぐわなくなっているケースも多いため、注意が必要です。

●セミナー

専門家が直接知識を伝授するセミナーやワークショップは、最新の情報や実践的なスキルを習得するのに適しています。また、他の参加者との交流から新たな視点や知識を得ることも可能です。

●実務

実際の業務を通じてスキルを習得するのは、もっとも効果的な方法のひとつです。現場での経験は、理論だけでは得られない洞察やスキルをもたらします。具体的な課題を解決する過程で、深い理解と実践力を身につけることが可能です。

●スクール

Webマーケティングスクールなどの教育機関では、専門的なカリキュラムのもとで系統的に学ぶことができます。初心者から経験者まで、各自のレベルに応じたプログラムが用意されています。提供される教材や実践的な課題、質疑応答などを通じて、必要な知識や技術を網羅的に学ぶことが可能です。


総合的に見ると、実務でスキルを習得するのが理想的と言えます。しかし、未経験で転職するのが不安な場合は、スクールの活用がおすすめです。スクールでは専門家から具体的な指導を受けられるため、確実にスキルを身につけることができます。また、同じ目標を持つ学び仲間と切磋琢磨すれば、より深い理解を得ることも可能です。

自身の目指すスキルや目標に合わせて、最適な学習方法を選ぶことが、Webマーケターとして成長するための大切な一歩となるでしょう。

まとめ

Webマーケターとして成功を収めるためには、マーケティングスキルやコミュニケーションスキル、プログラミングスキルなど、幅広い能力が要求されます。求められるスキルを余すことなく身につけるには、書籍やセミナーでの学習、実務経験、そしてスクールでの教育などが有効です。

特に、一つひとつのスキルを確実に習得したいと考えるなら、指導者の下で学べるスクールをおすすめします。Webマーケターとしてのスキル習得に早道はなく、コツコツと努力を積み重ねることが大切です。


Webマーケティングを習得できるITスクール

関連キーワード

関連する記事

都道府県から探す

pagetop