Webマーケターに転職する!成功のポイントや向いている方の特徴とは

Webサービスを活用する企業が増えている現在、Webマーケターの仕事に興味や憧れを抱いている方も多いでしょう。

Webマーケターは、未経験からでも挑戦できる職種です。特にブログ運営やSEOに携わった経験のある方は、Webマーケターとして活躍できる可能性が大いにあります。

今回は、未経験からWebマーケターに挑戦したい方や、転職して専門性をつけたい方に向けて、転職事情を解説します。転職に成功するためのポイントやWebマーケターに向いている方の特徴など、転職に役立つ情報が目白押しです。
憧れのWebマーケターとしてのキャリアを実現するために、ぜひご覧ください。

そもそもWebマーケターとは

そもそもWebマーケターとは

Webマーケターへの転職を検討している方に向けて、まずは仕事内容を解説します。
Webマーケターと混同されやすいWebコンサルタント・Webアナリストとの違いについても説明するので、それぞれの仕事内容を理解したうえで自分に合う職種を見極めてください。


Webマーケターの仕事内容 



Webマーケターは、WebサイトやSNSといったWebサービスの運用・改善を担当する仕事です。Webサービスを通じて、企業の認知度アップや、より多くの商品やサービスを販売するための施策を考えます。

一口にWebマーケターと言っても、以下のようにさまざまな仕事があります。

  • Web広告運用
  • SNS運用
  • WebサイトのSEO
  • Webサイトのディレクション
  • Webサービスのデータ分析

WebマーケターとWebコンサルタント・Webアナリストの定義 



Webマーケターとよく似た職種に、WebコンサルタントやWebアナリストがあります。それぞれに明確な定義があるわけではありません。しかし、一般的には以下のように分けられます。


職種 仕事内容
Webマーケター自社サービスの分析や改善運用を担当する
Webコンサルタント顧客のWebサービス運用について分析し、改善案を提示する
WebアナリストWebサイトのアクセス数についての分析結果をもとに、課題を指摘したり、改善案を提示したりする


Webマーケターは、自社のWebサービスの運用担当として、データ分析から実際の運用まで幅広く担当します。一方、Webコンサルタントは、顧客のWebサービスについての助言がメインです。Webアナリストは、アクセス分析の専門家としての側面が強い職種です。


Webマーケターは魅力的な仕事!転職の3つのメリット

Webマーケターは魅力的な仕事!転職の3つのメリット

Webマーケターは、やりがいのある魅力的な仕事です。需要が高く将来性が期待できる点や、転職後のキャリアの選択肢が豊富な点など、さまざまなメリットがあります。

ここでは、Webマーケターに転職する3つのメリットについて、具体的に紹介します。

メリット1:成果が数字に現れるためやりがいがある


Webマーケターの仕事は、アクセス数や売上の増加など数字で成果が現れるため、やりがいを得やすいのが特長です。

もちろん、成果を上げるためには、データの分析や改善に向けた試行錯誤など、地道な仕事も多いでしょう。その分、成果が出たときの喜びも格別です。やりがいを感じながら仕事に取り組める点は、Webマーケターに転職するメリットの1つです。

メリット2:Webマーケターの需要は高く将来性がある


近年、Web広告やSNSを使った広報活動など、Webサービスの需要が高まっています。そのため、Webマーケターは、需要が高く将来性がある職業といえます。

現状では、多くの企業がいまだに専門的な知識を有する人材を十分に確保できていません。よって、Webサービスを運用できる専門的な知識やスキルを持った人材は、多くの企業から重宝されるでしょう。

メリット3:転職後のキャリアパスも豊富である


Webマーケターに転職して、一定期間活躍したあとは、将来の選択肢が広がります。転職後のキャリアパスとしては、以下の選択肢が考えられます。

  • マネジメントスキルを磨き、自社内で管理職に就く
  • 大企業やほかの事業会社などに転職し、再びWebマーケターとして活躍する
  • 自社、あるいは別の会社でCMO(Chief Marketing Officer:最高マーケティング責任者)に就任し、マーケティングの現場を統括する
  • Webマーケターとして独立し、フリーランスになる
  • Webマーケティングコンサルタントに転職する

年収アップも夢ではない!Webマーケターの年収目安

年収アップも夢ではない!Webマーケターの年収目安

Webマーケターの仕事は、専門的なスキルや知識が求められる職種のため、年収アップを夢見て、Webマーケターへの転職を検討している方も多いのではないでしょうか。

Webマーケターの平均年収は、厚生労働省の情報によると約630万円です。日本の平均年収が458万円であるため、平均より高い水準であるとわかります。

参考:令和4年分国税局民間給与実態統計調査


実務経験やスキルによってはさらに年収が上がる可能性もあり、大幅な年収アップも夢ではありません。


Webマーケターに転職するための5つのポイント

Webマーケターに転職するための5つのポイント

Webマーケターに転職するためには、事前に必要な知識やスキルを身につけたり、転職エージェントを活用したりと、入念な準備が欠かせません。ここでは、Webマーケターへ転職するためのポイントを5つ紹介します。

ポイント1:Webマーケターに必要な知識・スキルを身につける


Webマーケターとして活躍するためには、マーケティングに関する基本的な知識はもちろん、Webサイト構築、データ分析、ロジカルシンキングなど多様なスキルが求められます。Webマーケティングの知識やスキルがあれば、転職の際に高く評価されるでしょう。

Webマーケティングの知識やスキルは、実務経験を通じて習得可能です。本やITスクールを活用して習得する方法もあるため、未経験の方でも十分に基礎を身につけられます。

Webマーケティングに必要な知識を学べるITスクールはこちら 

ポイント2:活躍したい領域を見極める


転職にあたって、Webマーケティングのなかで自分が挑戦したい領域や活躍したい業種を見極めましょう。


Webマーケターと一口に言っても、WebサイトのディレクションやSNS運用、Web広告運用など、仕事内容はさまざまです。そのため、仕事をこなすために必要な知識やスキルは、それぞれ異なります。

領域を定めて転職の準備を進めると、重要なスキルを優先的にブラッシュアップでき、自分に合った求人を効率的に探せるでしょう。

ポイント3:実績をポートフォリオにまとめる


Webマーケティングに関係するスキルをアピールできる場合は、ポートフォリオにわかりやすくまとめましょう。実績をまとめたポートフォリオを作成すれば、転職時に自分の経験やスキルを効果的にアピールでき、転職成功の可能性が高まります。

SNSやWebサイトを個人で運用した経験や、副業でWebマーケティングの案件に携わった経験がある方は、その経験や成果を、具体的な数字で記載すると効果的です。

ポイント4:経歴や実績をもとに志望動機を作成する


Webマーケターに限らず、転職に成功するためには「なぜその仕事に挑戦したいのか」「転職して何を成し遂げたいのか」などが明確に伝わるよう志望動機を作成する必要があります。自身の経歴や実績をもとに、志望動機を具体的にまとめましょう。

Webマーケティングの仕事は、ほかのさまざまな職種と密接に関係するのも特徴の1つです。そのため、未経験であっても、これまでの経歴や実績とWebマーケティングの仕事を関連づけられると、説得力のある志望動機を作成できるでしょう。

ポイント5:転職エージェント・複数の転職サイトを活用する


転職活動を進める際は、転職エージェントを活用するのが有効です。転職エージェントに登録すると、一人ひとりにアドバイザーがつき、以下のようなサポートを受けられます。


  • 自分に合った求人の紹介
  • 転職相談に対応
  • 志望動機の作成サポート
  • 模擬面接の実施
このように手厚いサポートを受けながら、転職活動を進められるのが魅力です。

また、より良い転職にするためには、複数の転職サイトに登録するのも効果的です。ある転職サイトには載っていなかった求人でも、別サイトなら見つけられる可能性があります。多くの求人に応募すれば、採用される確率が高まるのもポイントです。

Webマーケターの適性がある方の5つの特徴

Webマーケターの適性がある方の5つの特徴

「稼げそう」「将来性があり安定していそう」などのイメージから、Webマーケターへの転職を検討している方は少なくないでしょう。

しかし、Webマーケターはすべての方に向いている仕事ではありません。ここでは、Webマーケターの適性がある方の特徴を5つ紹介します。

目先の利益だけで転職して失敗しないよう、以下で紹介する特徴に自分が当てはまっているかを確認しましょう。

特徴1:論理的思考力・課題解決能力が身に付いている


Webマーケターの仕事には、論理的思考力や課題解決能力が欠かせません。

効果的な施策を考えて課題を解決するためには、現状を分析し、その原因について仮説を立て、どのように改善するべきかを考えます。そのためには、高い論理的思考力と課題解決能力が必要です。

また、なぜその施策を講じるべきかを関係者に説明する際にも、論理的思考力が役立ちます。

特徴2:地道な仕事が苦ではない


Webマーケティングは、膨大な情報を分析して市場動向を掴んだり、試行錯誤して課題解決のための施策を講じたりと、地道な仕事が大半です。成果が出るまで果てしない時間をかけ、粘り強く改善を続けなければならない厳しさもあります。

地道な仕事を苦に感じず、時間を忘れて没頭できる方は、Webマーケターに向いているといえるでしょう。

特徴3:トレンドに敏感で進んで知識を吸収できる


Webマーケターには、トレンドを敏感にキャッチし、新しい知識を積極的に吸収しようとする姿勢が不可欠です。

Webサービスを取り巻く環境は、目まぐるしいスピードで変化します。SEO1つをとっても、「どのような記事を書けば検索結果で上位に表示されるか」の基準は、常に変化しています。

変化に追いつけるよう、自身の知識やスキルをアップデートできる方は、Webマーケターに向いているといえます。

特徴4:数字を扱う仕事に抵抗がない


Webマーケティングは、数字と日々向き合いながら、より成果を上げるための戦略を策定する仕事です。アクセス数やページビュー数、コンバージョン率など、さまざまな成果が数字で現れます。

数字を扱う仕事に抵抗がない方は、Webマーケターに向いているでしょう。

特徴5:チャレンジを恐れず積極的に施策を講じられる


Webマーケティングの仕事に、絶対的な正解はありません。「仮説を立てる→検証する→結果を分析する→再度仮説を立てる」のサイクルを繰り返し、効果的な施策を把握しましょう。

そのため、仮説が固まったら一度試す積極性が重要です。失敗を恐れず、果敢にチャレンジして施策を講じられる方は、Webマーケターの適性があるといえます。

未経験からでもWebマーケターへの転職は可能

未経験からでもWebマーケターへの転職は可能

経験や資格がなくても、Webマーケターへの転職は可能です。以下のような事項をアピールできれば、未経験であっても採用される可能性は十分にあります。


  • Webマーケターの仕事と関連する実務経験
  • 転職を目指して習得したWebマーケターに必要な知識・スキル
  • Webマーケターの適性
未経験からWebマーケターにチャレンジする際は、ITスクールを活用すると、実務に必要な基礎知識を効率的に習得できます。また、副業で仕事に挑戦し、実務経験を積んで自身の適性を見極めながら、転職活動に挑戦するのも1つの方法です。

まとめ:スキルや知識を身につけてWebマーケターへの転職を成功させよう!

Webマーケターの仕事には、やりがいや将来性、転職後のキャリアパスの豊富さなど、多くの魅力があります。Webマーケターの仕事に興味があり、数字を扱い、仮説を立てて地道に検証することが好きな方は、Webマーケターの転職を検討してはいかがでしょうか。

Webマーケターへの転職を検討している方は、ITスクールを活用したり、副業で案件に挑戦したりして、まずは必要な知識やスキルを身につけましょう。この記事を参考に、Webマーケターのキャリアに積極的に挑戦してください。


Webマーケターを目指せるITスクールはこちら

関連キーワード

関連する記事

都道府県から探す

pagetop