Webマーケターの仕事内容とは?|未経験から目指すために必要なスキルを解説

「Webマーケターの仕事内容は?」
「未経験からWebマーケターになるために必要なスキルは?」
このような疑問を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Webマーケターは、Webを利用したマーケティング活動をする職種です。さまざまな仕事内容があり、求められるスキルも数多くあります。

本記事では、Webマーケターの仕事内容や必要なスキルを解説します。この記事を読めば、未経験からでも活躍できるイメージが想像できるようになるでしょう。ぜひ、参考にしてください。

Webマーケターとは?

Webマーケターとは?

Webマーケターは、インターネットを駆使したマーケティング活動の企画・実行を担当する専門家です。


Webマーケターはユーザー行動の分析、SEO(検索エンジン最適化)、広告・プロモーションの策定を通じて、自社サイト、オウンドメディア、SNS、メールマガジンなどのWebメディアを最大限活用します。特に、Web上ではユーザーの行動を具体的な数値で把握可能なため、絶えずマーケティング戦略の最適化と効果の検証が求められます。

このような実績をもとにした改善活動が可能なことから、近年多くの企業がWebマーケターの能力を高く評価し、注目の職種として位置付けています。

Webマーケティングとは?3つのメリットを紹介

そもそもWebマーケティングとは、製品やサービスをWebサイトに掲載して多くの消費者を集客し、売れるように促すための活動のことです。

近年注目されているWebマーケティングには、以下のようなメリットが期待できます。




未経験からWebマーケターになるためには、Webマーケティングのメリットを知り、うまく活用することも大切です。順番に解説します。


メリット1:多くの顧客にアプローチできる


Webマーケティングには、多くの顧客にアプローチできるというメリットがあります。インターネットは、日本のみならず世界各国で使われているため、国内に限らず幅広い地域や多くのターゲット層にアプローチすることが可能です。

また、SNSやサイトを通じて情報発信すれば、幅広い地域の顧客とコミュニケーションが取れるようになります。多くの顧客にアプローチすることで、ビジネスの可能性を広げられるでしょう。

メリット2:素早くPDCAを回せる


素早くPDCAを回せるのも、Webマーケティングのメリットです。ユーザーの行動履歴はすべてデジタル化されているため、ツールを利用すればすぐに効果測定ができます。

その結果から素早く施策の変更や改善を実施できるため、ビジネスチャンスを逃しにくくなるでしょう。


メリット3:マーケティングのコストを削減できる


Webマーケティングは、コストを削減できるメリットもあります。例えば、雑誌や新聞などに広告を出す場合は、数十万から数百万円かかるケースも少なくありません。

Webサイトの作成は無料で簡単に作成できるツールがあり、SNSも無料でアカウントを作成できるため、運用スキルさえあれば費用はほとんどかかりません。そのため、マーケティング費用はサーバーやドメインにかかる費用だけで済む場合もあり、大きなコスト削減につながります。

Webマーケターの仕事内容4選

Webマーケターの仕事内容4選

Webマーケティングのメリットを理解したところで、次は実際の仕事内容を紹介します。Webマーケターの仕事内容は、主に以下の4つです。


  • 検索エンジンマーケティング(SEM)
  • TwitterやInstagramなどのSNS運用
  • Web広告を運用する
  • ランディングページを最適化する

1つずつ順番に、詳しく解説します。


仕事内容1:検索エンジンマーケティング(SEM)


Webマーケターの中心的な役割の一つは、データやツールを活用してのSEO対策にあります。SEO、すなわち「Search Engine Optimization」は、Googleなどの検索エンジンでウェブサイトが上位に表示されるよう最適化することを目的としています。これには、適切なキーワードの選定やユーザーの検索意図を理解したコンテンツ制作が求められます。成功すれば、ウェブサイトの訪問者数や商品・サービスの購入確率が増加する可能性が高まります。

加えて、WebマーケターはSEM、つまり「Search Engine Marketing」にも関与します。SEMはリスティング広告を中心としたマーケティング活動を指し、ウェブサイトの有料広告を活用しての集客戦略も担当範囲となります。

これらのSEOとSEMは、Webマーケターの主要な仕事の一部であり、ウェブ上でのブランドの可視性や集客効果を高めるための不可欠な戦略です。

仕事内容2:TwitterやInstagramなどのSNS運用


TwitterやInstagramなどのSNSを運用するのも、Webマーケターの仕事です。

近年、SNSの普及と共にそのマーケティングの価値が増しています。SNSはユーザーと企業の距離を縮めるツールとして、直接的なコミュニケーションの場となっています。このダイレクトなやりとりを通じて、ユーザーの意見を迅速にキャッチし、マーケティング戦略のPDCAを速やかに回すことができます。効果的なSNSマーケティングを展開することで、ブランドの認知度向上やユーザーとの関係性の深化が期待できるのです。

仕事内容3:Web広告を運用する


Web広告を運用することも、Webマーケターの仕事です。

運用型のWeb広告で代表的なものに下記の3種類があります。

  • リスティング広告
  • SNS広告
  • ディスプレイ広告

リスティング広告は検索連動型広告とも呼ばれ、Googleで検索したキーワードに関連する広告が検索結果のページに表示されます。ユーザーが広告をクリックした際に費用が発生するため、低コストで顧客を獲得できます。

SNS広告は居住エリア、年齢・性別、興味関心など、きめ細やかなターゲティングができるという特徴があります。リスティング広告と比較すると認知拡大効果の高い広告です。

ディスプレイ広告は、検索エンジンやメディアに「バナー広告」を表示させる手法です。1表示辺りの単価が安く、認知拡大に効果を発揮します。

仕事内容4:ランディングページを最適化する


Webマーケターの重要な仕事内容には、ランディングページの最適化が挙げられます。

ランディングページは、検索結果や広告を通じてユーザーが最初にアクセスするページです。これを最適化できれば、訪問してきたユーザーを離脱させずに、お問い合わせや申し込みへ誘導できます。

ランディングページの最適化は、サービスへの申し込みや商品購入率を高めて売上アップにつながるため、Webマーケターにとって重要な仕事です。

未経験からWebマーケターになるために必要なスキル

未経験からWebマーケターになるのは難しいと感じた方もいるかもしれません。しかし、未経験からでもスキルを身につければWebマーケターになれる可能性があります。

ここでは、未経験からWebマーケターになるために必要なスキルを4つ紹介します。




順番に解説します。

スキル1:ロジカルシンキング


Webマーケターは、ロジカルシンキングができる必要があります。Webマーケターは、アクセス解析データをベースにWebサイトの成果を分析するため、根拠から順序立てて論理的に考える力が必要です。

トレンドも考慮しながら、ユーザーの動向に対して仮説を立て、広告出稿などの対策を講じることもWebマーケターの重要な仕事です。根拠なく施策を施しても思うような結果は得られません。そのため、Webマーケターにはロジカルシンキングが必要です。

スキル2:柔軟な思考回路


柔軟に考える能力も、Webマーケターに必須な能力です。

Webマーケティングの業務では、チームで仕事をする機会が多く、自分一人では成り立ちません。WebデザイナーやWebライターなど、さまざまな職種の方と関わるだけでなく、顧客とのやりとりも必要です。思いがけないトラブルに見舞われることもあり、状況に応じた臨機応変な対応が求められます。

またWebマーケティングは、トレンドが日々変化します。市場の動向に合わせて臨機応変に手法を変えられる柔軟な思考回路が重要だといえるでしょう。

スキル3:データ分析能力


Webマーケターとして成功を収めるためには、データ分析能力が欠かせません。この能力は、アクセス数やコンバージョン率などの多岐にわたるデータを的確に読み取り、マーケティング戦略の策定や改善に活用する鍵となります。ただし、データの数字だけを見るのではなく、その背後に隠れた顧客のニーズや課題を正確に理解し、適切な対応を行うことが真の成功への道です。
統計学の基礎やWeb解析ツールの使い方はもちろん、それを元にした戦略的な思考がWebマーケターには求められるのです。


スキル4:マーケティングの知識


Webマーケターとして働きたいのであれば、もちろんマーケティングに関係する全般的な知識や専門用語を覚える必要があります。

例えば、SEOや広告などの施策を計画する場合は「CTR」「CVR」などの指標を用いたシミュレーションの作成や顧客とのコミュニケーションが必要になります。

このような用語は、取引先企業の担当者や事業内で頻繁に使う言葉であり、覚えていなければ会話が成立しません。マーケティング全般の知識を身につけることで、コミュニケーションが円滑になり、効率よく業務に取り組めるようになるでしょう。

未経験からWebマーケターになる方法

未経験からWebマーケターになるためには、スキルを身につけることが有効です。ここでは、スキルを身につけるためにおすすめの方法を3つ解説します。


  • 自分でブログを立ち上げてメディアを運用する
  • 本やYouTubeなどで必要な知識を取り入れる
  • Webマーケティングが学べるスクールに通う

順番に解説します。


自分でブログを立ち上げてメディアを運用する


本やYouTubeなどで基礎的な知識を取り入れるのもよい方法です。マーケティングの知識がない未経験者の場合でも、参考書やYouTubeで学べば基礎的な知識を身につけられます。

参考書は1冊数千円程度で購入でき、YouTubeは無料で閲覧できます。費用をかけないで学習を始められるため、未経験者にも向いている方法といえるでしょう。

ITスキルをお得に学ぶ方法は下記記事でもご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。
▶ 【無料or稼ぎながら】ITスキルを学ぶお得な学習法

Webマーケティングが学べるスクールに通う


Webマーケターを本格的に目指すのであれば、Webマーケティングを学べるスクールに通うのも1つの方法です。

スクールには、第一線で活躍するWebマーケターの講師が多数在籍している傾向があります。基礎的な知識はもちろん、高度な知識や技術を学べるため、未経験でも安心して学習できるでしょう。

また、スクールに通学しながら勉強したことは、「向上心がある」と評価されやすく、転職時に有利になります。Webマーケターを目指している方は、スクールに通うのもおすすめです。

Webマーケティングスクールはこちら


まとめ:Webマーケターのメリットは多い!スキルを手に入れWebマーケターを目指そう!

Webマーケターの仕事内容は、自社サイトやSNS、Web広告運用などのマーケティング活動です。効果が数値で把握しやすいため、重視する企業も増えており、Webマーケターは注目の職種ともいえます。

専門的な知識が必要になりますが、未経験からでもスキルを身につければ活躍できるようになります。まずは独学やスクールに通うなどして、Webマーケターに必要なスキルを身につけてみましょう。


Webマーケターを目指せるスクールはこちら

関連キーワード

関連する記事

都道府県から探す

pagetop