プロジェクトマネージャーに未経験から転職!必要なスキルやキャリアを解説

プロジェクトマネージャーに未経験から転職!必要なスキルやキャリアを解説

プロジェクトマネージャーは、システム開発においてプロジェクト全体の統率・管理を担い、あらゆる責任を持つ重要なポジションです。さまざまなスキルが求められる難しい仕事ですが、平均年収も高い傾向にあるため、プロジェクトマネージャーへの転職を考える方も少なくありません。

しかし転職難易度が高いので、未経験からプロジェクトマネージャーを目指す場合はきちんと準備しておく必要があります。

本記事を読めば、プロジェクトマネージャーの仕事内容や求められるスキル、スキルの習得方法やキャリアパスなどがわかります。プロジェクトマネージャーに転職してキャリアアップを目指したい方は必見です。

システム開発を管理するプロジェクトマネージャーの仕事

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクト全体に責任を持ち、プロジェクト全体の進行を管理するポジションです。

プロジェクトの予算やスケジュール、成果物の品質などすべてに責任を持ち、顧客との折衝や予算管理など、プロジェクトを推進するためにマネジメントする役割を果たします。
一言でまとめるとシステム開発の全般を管理する仕事です。求められるスキルの幅が広く、レベルも高いので誰でもできる仕事ではありません。

転職難易度は高いが未経験でも挑戦できる

プロジェクトマネージャーは、顧客の業界に関する専門的な知識やマネジメントスキルなど、高度な知識・スキルが求められるポジションです。市場価値は高く、キャリアアップにもつながる仕事です。

求人ニーズは高めですが、即戦力となる人材を求められるため、未経験からの転職難易度はかなり高くなります。

しかし、プロジェクトマネージャーの経験がないからといって、必ずしも転職できないわけではありません。
プロジェクトマネージャーの経験がなくても、ほかの業界・職種でマネジメント経験があれば、転職に有利になります。ポテンシャルを買われて採用される可能性が高まるため、諦めずに挑戦してみると良いでしょう。


転職難易度は高いが未経験でも挑戦できる


ポテンシャルでの採用を狙って未経験から転職する場合でも、プロジェクトマネジメントやIT業界に関する基礎知識を持っておかねばなりません。転職の前にプロジェクトマネジメントに関する資格を取得したり、自分でIT業界に関する勉強を進めたりして知識を補完しておきましょう。

プロジェクトマネージャーの平均年収は高い

プロジェクトマネージャーの平均年収は、645万円と言われています。(2023年5月9日現在)

令和4年分の「国税局民間給与実態統計調査」によると、日本の平均年収は458万円であり、プロジェクトマネージャーの平均年収は非常に高い水準であるとわかります。

必要なスキルのレベル・企業からのニーズが高いため年収も高くなっていると言えます。

プロジェクトマネージャーに転職するために必要な知識・スキル

転職難易度・平均年収ともに高いプロジェクトマネージャーに転職するためには、以下のような知識・スキルが必要です。


プロジェクトマネージャーに転職するために必要な知識・スキル


  • さまざまな業界の知識
  • 予算・スケジュール管理能力
  • コミュニケーション能力
  • 課題解決能力


プロジェクトを進めるための基礎知識だけでなく、予算管理やコミュニケーション能力など、幅広いスキルが求められるのが特徴です。


以下では、それぞれの知識・スキルについて解説します。


さまざまな業界の専門知識|顧客のニーズを満たす


プロジェクトマネージャーとして活躍するためには、顧客の業界に関する専門的な知識が求められます。

プロジェクトにおいて実務を担当するのは、プロジェクトマネージャーではなくチームメンバーです。しかし、プロジェクトマネージャーに業界特有の知識がなければ、チームメンバーへ適切な指示ができないので顧客のニーズを満たすシステムを開発できません。

顧客の業界は、IT業界であるとは限りません。顧客に応じてさまざまな業界の専門知識を身につけ、それぞれのニーズに対応できるようにする必要があります。


予算・スケジュール管理能力|プロジェクトを円滑に進める


プロジェクトを円滑に進めるためには、予算・スケジュール管理能力が必須です。

予算内でプロジェクトを遂行するのはもちろん、コストダウンを工夫してより多くの利益を獲得できるよう努めなければなりません。

スケジュール管理では、プロジェクトの全体像をあらかじめ把握し、各工程にかかる時間や必要な人数などを想定し、リソースを配分していきます。
納期に間に合うように仕事をこなしていくスケジュール管理能力が重要です。

コミュニケーション能力|プレゼンや利害調整をこなす


プロジェクトを円滑に進めるためには、高度なコミュニケーション能力も欠かせません。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトメンバーや顧客、そのほか社内の関係者など、社内外問わずさまざまな方とコミュニケーションをとり、それぞれの利害を調整する必要があります。

要件定義のためのヒアリングや交渉、プレゼンテーション、プロジェクトメンバーの進捗把握や指示出しなど、あらゆる場面で高いコミュニケーション能力が求められるのです。


課題解決能力|課題に柔軟に対応する


プロジェクトを進めていくうえでトラブルが発生した際は、リーダーであるプロジェクトマネージャーが中心となって冷静かつ柔軟に対応し、課題を解決する必要があります。

適切な解決策を導くためには、解決策ごとのメリット・デメリットを比較検討し、素早く判断しなければなりません。

さらに、プロジェクトにかかる人員やコストを最適化するため、常に現状の問題点を分析し、改善につなげる姿勢も求められます。

このように、問題を的確に分析し、対応策を講じられる課題解決能力がプロジェクトマネージャーには重要です。

転職するために必要なスキルの身につけ方

未経験からプロジェクトマネージャーに挑戦したい方の中には、どのような方法で上記のスキルを習得すればよいか、わからない方もいらっしゃるでしょう。